株式会社ノリタケホーム

0120-72-5678

スタッフブログSTAFF BLOG


2021

11.01


2022年に火災保険料が大幅アップの見込み!


不動産投資全般において欠かせないものの1つに、

 

・火災/地震保険

・施設賠償責任保険

 

いわゆる、損害保険への加入があります。

 

「火事で物件が全焼してしまった!」

「台風や集中豪雨で土砂崩れがあった!」

「建物の劣化で入居者さんが怪我をした!」

 

これらはいずれも、不動産投資を続ける上で

 

深刻なリスクとなります 😂

 

今日はその中から、

 

火災/地震保険の今後(以下、火災保険と略します)

 

について、少しお話をしたいと思います。

 

みなさんも記憶に新しいと思いますが、東日本大震災を筆頭にここ10数年の間で、

 

自然災害が多発 🌀しました。

 

 

その結果、損保各社はこれまでの間、段階的に

 

保険料の値上げ

を行ってきたのですが、来年の2022年にはさらに、

 

約11%という過去最大の値上げ 上矢印

 

が予定されています。

 

 

また、2022年にはもう1つ改定が予定されています。

 

それは、

 

契約期間の上限短縮 です‼

 

これまで、火災保険の契約期間は原則、最長で10年 

 

とされていました。

 

それが、来年以降の契約においては、

 

期間が10年から5年に短縮されることが予定されています。💴

 

そもそも火災保険は、

 

長期契約であるほど保険料が安くなる 

 

仕組みであり、5年に短縮されると結果的に

 

保険料が割高になる 😂

 

というデメリットが生じてしまいます。

 

そんなわけで、物件数の多い大家にとって2022年は、

 

アタマの痛い年になりそう 😧なのですが、だからといって

 

「じゃあ、火災保険はやめておくか…」

 

という考えは、絶対にやめた方がいいです。🙅

 

補償額や特約といった契約内容をいま一度精査し、

 

必要な保障をきちんと把握する 虫めがねことで、保険料を下げることが出来ますし、何より物件を

 

コストアップに耐えられる高利回り 上矢印へ仕上げることも大事ですよね?

 

昨今のコロナ禍やウッドショックなど、経営に大きな影響を与える要素 注意

 

はたくさんあります。

 

おそらく、物件を保有し続ける限り、コスト高との戦いが終わることはありません。

 

 

利益と安全を担保するために、今出来ることは何か❓

 

どんな局面においても、これを常にイメージしておきたいものですね。

  • ←前の記事

    3LDKとは?間取りやおすすめする人


  • 次の記事→

    オープンハウス開催致します!!


ブログ内検索

最新の記事一覧

  • 東大阪市稲田本町2丁目 貸家

  • ファーストパレス❕

  • 管理費の高いマンション・安いマンション