株式会社ノリタケホーム

0120-72-5678

スタッフブログSTAFF BLOG


2021

10.25


頭金と自己資金の違い


こんにちは😀

本日は、頭金と自己資金の違いについてのお話し

をします。

◆頭金

 

頭金とは、建物を新築または購入する際に支払う現金の

ことです。

支払う時期は、契約時から引渡し日までの期間内で、業者

によって異なります。

 

頭金が多いと、住宅ローンの借入金額が減り、その分月々

の返済額や返済期間、全体の利息なども減ります。

しかし、無理をすると諸費用などの現金払いに対応できな

くなるので、注意が必要です注意

 

なお、頭金を貯蓄する期間を減らすことを優先する方は、

頭金を少なくしたり頭金ゼロで新築します。

住宅ローンの利息を減らしたいなら、繰り上げ返済という

方法もあります。

ですから、手元に必要な資金を減らしてまで頭金を増やす

のは避けた方が無難です。

 

◆自己資金

 

自己資金とは、建物を新築または購入する為に用意する

現金のことです。

不動産取得税などの諸費用や頭金は、自己資金から

支払います。

自己資金が足りず、現金以外の支払いが可能な分は、

住宅ローンを借りて対応します。

 

ちなみに、国交省の「令和2年度 住宅市場動向調査」に

よると、注文住宅(土地代を含む)を新築または購入した

方の自己資金は1,197万円、自己資金比率26.0%となって

います。

 

皆さま、用意できる自己資金のすべてを頭金にすると、

手持ち資金が減ったり、金策に苦労する羽目になるかも

しれません。

諸費用は工事費の5~10%が目安だと言われています。

施工業者にも相談をしながら、無理の無いよう計画的に

振り分けることをおすすめします。

 

 

  • ←前の記事

    不動産の売買は現金でできる?メリットデメリットを解説


  • 次の記事→

    3LDKとは?間取りやおすすめする人


ブログ内検索

最新の記事一覧

  • 東大阪市稲田本町2丁目 貸家

  • ファーストパレス❕

  • 管理費の高いマンション・安いマンション