株式会社ノリタケホーム

0120-72-5678

スタッフブログSTAFF BLOG


2019

12.23


クリスマスイブイブ🎅


こんにちは、こんばんは、おはようございます、ノリタケブログをいつもご覧いただきありがとうございます。

ここ最近は本当に寒くて大変ですね!インフルエンザや風邪なども流行っているようですが皆様は体調など崩されておりませんか?

風邪予防に手洗いうがい、体調管理をしっかりしてよい新年を迎えて下さいね(^_^)

 

年末で慌ただしい中、楽しみなイベントのクリスマス!!

いや、大人になったらあんま関係ないか?と思っているそこのあなたーー(^◇^)

信じる心が大切です!信じましょう!!サンタクロースを!!

もしかしたら今年はやってくるかもしれません!(^^)!

なぜこんなことを言っているかと言いますと、つい先ほど

サンタクロース 大人 なぜ来ない

って検索してたんですよw

そしたらね、ヤフー知恵袋に同じような質問をされている方が多々見えたので、こんな記事を書いてみました(;´∀`)

いや~本当のとこはね、大人なんでね、そのへんは分かってるけども、、、なんて思いながら色々見ていますと、の海外のクリスマスの違いなどが出てきたんですよー!

 

イギリスではファザークリスマスと言い、緑色の(近年は赤が主流)の服を着ている。オーストラリアとニュージーランドでもファーザークリスマスと言う。

オランダではクリスマスが1シーズンに2回あり、プレゼントがもらえるのは12月6日の「聖ニコラスの日」の前日と、25日のクリスマスである。

イタリアではクリスマスが1月6日まで続き、5日に魔女が来て、良い子にお菓子を、悪い子に石炭をくれるという伝説がある。

ドイツでは、悪い子は「悪い子を罰する黒いサンタ(クネヒト・ループレヒト)」にさらわれるという言い伝えがある。しかし現在では、ドイツの子供たちは「クリスマス男」と「クリストキント」(クリスマス子)とのどちらかを信じているといわれており、どちらが持ってくるかで学校では論争があるという。なおドイツでは、サンタクロースは商業主義だとしてカトリックによるサンタクロース排撃事件があり神父たちが襲われる事件もあった。

ロシアではジェド・マロース(マロースおじいさん)が孫娘のスニェグーラチカを連れて、プレゼントを配るという風習がある。

南半球に位置するオーストラリアでは、クリスマスが夏になることから、サンタクロースは海からサーフボードで、サーフィンをしながらやって来るとされる。

 

へーなるほどなるほどと読み進めていたら、最後のオーストラリアでしっかりと笑わせていただきました。

おそらくこんな感じでしょう(≧▽≦)


めちゃめちゃ陽気w

ほんでプレゼント持ってないなw

 

今年はサンタさんが来てくれることを信じて眠りにつきます。

サンタさんが来てくれたらまた記事にしますので、ご期待下さーい(*^▽^*)

  • ←前の記事

    フットサル


  • 次の記事→

    年末年始(^^♪


ブログ内検索

最新の記事一覧

  • 夢の注文住宅

  • 引越し♪(*´ω`)

  • 住宅ローン控除の申請方法♪